So-net無料ブログ作成
音楽でハッピー ブログトップ
前の5件 | -

「ボヘミアン・ラプソディ」「SONGS」をみて [音楽でハッピー]

すみません、今日はド長文です。
「ボヘミアン・ラプソディ」を見てきました。
ちょっと4DXも興味あったんだけど、絶対酔っぱらうと思ったのでIMAXで。
見て思ったのは、応援上映行ってみたかったなと。

映画は事実とはだいぶ違うんだろうけど、
とてもコンパクトにわかりやすく物語として、まとまっていました。
昔、本人たちのドキュメンタリーで受けていた印象としては
フレディもロジャーも口悪いなぁというイメージで
ブライアンが2人にいじめられてる…^^;
そんな記憶が残っていて。(もちろん音楽をよくするためですが)

私は、QUEENとしては、アルバム「NEWS OF THE WORLD」で
購買がとまっちゃったので
というのも、ハードロックとへヴィメタルとディスコ、ユーロあたりの流行りすたれが
もろにあの当時のハードロック系バンドに影響を及ぼしてしまって、
好きなバンドの音楽が軒並み好みじゃなくなってしまって^^;

で、映画ですが、似ていたか似ていないかで言うと
そこまで似てはいないけど、まずまずOKなのかなと。
ロジャーの髪の長さにあまり変遷がないのが、ちょっといまいち。
ジョン・ディーコンが髪型とかいろいろ、単なるオチにつかわれているのが…
変に作りものとしてきれいにまとまっているのもそんなところからかも^^;
でも、基本人となりより芸そのものにしか興味がないので
IMAXで音楽聴けるのがめっちゃ爽快で良かったです。
あとは、中の人より服装に、これこれ~♪と目がいっちゃって
それも楽しかったです。(衣装だけじゃなくセーターとかシャツとか)
ブライアンと後半のジョンは、ぱっと見とても似てた~。

何よりニャンコがかわいかった。

NHK SONGSの感想。

当時を知ってる者としては物足りないけど、
新しい方たちに興味を持ってもらうためには、
今旬の人に語ってもらうのがいいんでしょうね。でもちょっと人数多すぎか。

東郷かおる子さんの話は、そうですね~というか、
あの当時(今もかもしれないが)
ミーハーが好きなアーティストを盛り上げたいがため
編集者になる道というのが多かったもんな~と。(男性も含め)
そして雑誌内容は、意外とあからさまに職権乱用風でした^^;
でもグルーピーになるより健全で建設的かも。
自分も中学時代、将来音楽雑誌の編集者になりたいと思ったもの。
そして東郷さんが言うように、この頃の女性はさりげに男性と戦っていた。
その後もずっと、なんとなくまだ男性上位の世界と戦い続けていたと思う。
ちなみにQUEENファンは確かに女性が多くて、
でもKISSやツェッペリン・パープルファンの男子だけでなく
B.C.R.ファンの女子とも若干戦っていたような気がします^^;
一番響いたのは、顔だけで好きになるわけじゃないということば。
そうだ!そうだ! V6だってそうだ!(話逸れ気味)

映画みたら、学校の机でドンドンパしたことや
一生懸命電話リクエストしたことや
コーラスマネしたことが思い出されて懐かしかったです。

ブライアンのじょんがらギターが聴きたくなった。
ということで、自分的QUEENの好きな曲を最後にざーっと。(多すぎ)

●Bohemian Rhapsody
●Brighton Rock→じょんがらギターだよ~♪
●Seven Seas Of Rhye(輝ける7つの海)
●Somebody To Love(愛にすべてを)
●Good Old-Fashioned Lover Boy(懐かしのラヴァー・ボーイ)
●You And I
●'39
●Seaside Rendezvous
●The Prophet's Song(預言者の唄)
●Love Of My Life
●Killer Queen

映画じゃギャグにされている2曲
●You're My Best Friend
●I'm In Love With My Car 

ロジャーが好きなんだい!(やっぱり)

●Drowse(さまよい)
●Tenement Funster
●Fight From The Inside
●Keep Yourself Alive(炎のロックンロール)
●Now I'm Here
●Spread Your Wings(永遠の翼)
●We Are The Champions(伝説のチャンピオン)
●We Will Rock You

The Show Must Go Onとか好きなんだけど
イニュエンドウは、なんか、もう悲しくて聴けない。

あとSome Day One Dayも加えておこう。(11/19追記)



にほんブログ村


nice!(27)  コメント(12) 

偶然ケツメイシ号他音楽の話 [音楽でハッピー]

今日、西武線で偶然ケツメイシ号に乗りました。

外から見た感じは地味で全体ラップではないのですが
中に入ると…やっぱり地味で…と思ったら
広告が全部ケツメイシでした。

人は少なかったけど、ぱちぱち撮るのもなんなので、
1枚だけ。

某予備校仕様です。

ketsume.jpg

エステ風や恐竜展風、就職や大学案内風、そして週刊誌中刷り風
はたまた、成功する人はなぜで始まる本の宣伝風など
パロディ広告だらけでした。

ケツメイシ、2枚くらいしかCD(アルバム)持っていませんが
いくつか好きな曲あり。

一番好きなのは、古いヒット曲ですが
「よる☆かぜ」
V6のコンサートで剛君・健君が歌って踊ったのも
めっちゃ好きでした。
(久々見たくなったぞ)


昨日のアド街、ピックと聞けば
ギター持つ!
ということで、あわてて携帯で録画。
イノッチの瞬間的弾き語り
スシ食いねェ!
もう食べたよ(この日の夕食が寿司だった)と
つっこんでみました。

しつこいようですが、イノッチのソロアルバム希望です。
本人出す気ない?(V6である間は)ようなのに
こーして小出しでファンにメッセージ出して
コロシにくるあたりが、あいかわらず…


にほんブログ村





nice!(19)  コメント(4) 

cheap trick に行くのだ! [音楽でハッピー]

昨年、来年ぐらい武道館やらないかなぁ…
なんて言っていたら(ま、予想しつつ発言でしたが)
来日、1夜だけの武道館が決定しました~♪

「at Budokan」発売40周年記念!

4月25日(水)です。

ということで、早速チケット、
クレカ(アメックス)の先行でゲットいたしました。
発券はまだ先ですが。


日本武道館も、来年には改修に入ってしまうので、
これで、今の武道館でのコンサートを見るのも
たぶん最後かな~。

新しいベストもでるみたいです。
個人的には、新しい曲も聴きたいけど、
今回は、初来日時の再現なのかな?

ならば、誰か千羽鶴、トムに贈ってあげて^m^








にほんブログ村


余談。

好きなものには鼻が効くのか、
ずっとハードロック系から離れていたのに、
ちゃんと乗り遅れないですむ程度に
情報ゲットできる自分を褒めてみる。
しかしチープトリックの情報を得ようとすると
ジョジョの奇妙な冒険の方が多く出てくる…^m^



タグ:Cheap Trick
nice!(18)  コメント(10) 

FNS歌謡祭の感想だったり(ターザンと民生君) [音楽でハッピー]

リアルタイムにぎりぎり間に合い、
「ターザン」BY 坂本昌行(Marsa Sakamoto)&井ノ原快彦
を見聴くことができました。

もうちょい長ければなぁと思いつつ、
(欲しいところがおしい、やっぱりぬけてた)
予想通りの部分を歌った。
もっとイノッチはハモリだけかと思ったら、歌ったですね。

そして、坂本君、やっぱり緊張してましたねぇ。
出だしより後半の方がよかった。

緊張の横でやっぱりおちゃらけるイノッチ^^;
そんなイノッチに対応なしの坂本君^m^

でも最後は向かい合って歌ってましたね。
イノッチの主張しすぎないさりげなハモリ良かったです。
存在は主張しまくってたけど^m^


V6は、COLORS。
個人的には他の曲がよかったかな。
イノッチのソロ度は高いのだけどね。
しかし、剛君のビジュアルが超好みで♪♪♪
コートもステキ。
(ちょっと、あげ底ってました?)
坂本君はあの髪形・おひげ
何かミュージカル系お仕事決まったか?
それとも気分か?
(どうしよう、剛君に憧れてだったら…ありえるだけにコワイ)

民生君&長瀬君。
あいかわらず民生君は生TVは微妙に苦手そう。
しかし、キー高いのに、民生君が歌うと
そう感じない。
他の人が歌うと、急にキーが高く感じる。
長瀬君にはキーの高い歌、似合う。

でも、キーの高さを感じさせない民生くんと
さりげない歌い方でイノッチに共演して欲しいな。
いつか。
歌ってま~すという感じじゃなく
さりげなく、ほんと弾き語りって感じで。
ぽつんぽつん…でも熱い!
そんな雰囲気で。


感想は以上。
あ、カウコンイノッチ司会か…



にほんブログ村


nice!(19)  コメント(4) 

WE'RE ALL ALRIGHT! (cheap trick) [音楽でハッピー]

アルバムの写真が、懐かしい感じのコラージュだったので、
てっきりベスト盤か、ライブ盤かと思いきや
スタジオ録音のニューアルバムでした。
昨年に引き続き連続ででるとは!
よく見ると、カバーの写真が
うまい具合(いやうまくないTT)にバン・E・カルロスを隠していて
ちょっと悲しい。

cheap trickの「WE'RE ALL ALRIGHT!」です。





しょっぱなから、短めのハードロック。
毎度、1曲目は親しみやすい乗りのヨイ曲です。

前作よりオーソドックスで疾走感あり。
ギター楽しいし、
昔に比べるとリックのギターも秩序があるというか…^^;

そして最近、一時期に比べて、ロビンの声よくなったなぁと。
シャウトしていても、とっきどきカワイイ声が聴こえて
ファン的には、それがたまらん。

メロディアスな曲ももちろんありますが
湿っぽくない。
印象としては、最初に書いたように
オーソドックスなロックンロールなのですが、
彼ららしい、ちょっとこねくった曲もないこともない。
(こねくった曲好きなので、ないとガクっとする)
そんな感じです。



後半がらっと雰囲気かわるなぁと思って
よくみたらボーナストラックでした^^;

そのボーナストラックに
The Move(ロイ・ウッド)の「BLACKBERRY WAY」があって
もともと曲が好きだし、ロビンの声にも合っていたので
よかったです!

こういう曲を聴くと、ビートルズとか
ロイ・ウッドのいたELOが聴きたくなります。




ところで、私の好きなミュージシャンは
何故こう、そろいもそろって
同時期に活動と販売が活発化するのだ?


お金がない!
(イノッチが出ていたドラマ)

cheap trickは今年40周年。
まぁ、しょうがない…てか、ゆるくファン歴40年か@@
来年あたりは武道館…やらないかなぁ…



にほんブログ村



タグ:Cheap Trick
前の5件 | - 音楽でハッピー ブログトップ