So-net無料ブログ作成

根津美術館「燕子花図と夏秋渓流図」と庭 [ぐるっとパスで早歩き&美術館]

心もち早いかなと思いつつも、
咲いているようでしたので
晴れると言われた午前中にと
根津美術館へ。
(ちなみに場所は根津ではなくて表参道です)

korin.jpg


というのも、鈴木其一(すずききいつ)の後期に結局行けなかったので、
夏秋渓流図が見られず…どうしても見たかったのです。

写真だと、一見毒々しく不自然な感じにも見えますが
実際は、すごく面白い絵で、色々見入ってしまいました。
朝顔の絵でも思ったのですが
花に(この場合百合)魂があって、ユラユラ~と動いているように見えるのです。

檜の葉の立体的な表現にもびっくりしました。
本物みたいな写実的表現と意匠的表現が混じった
夏秋渓流図屏風、とても気に入ってしまった。



尾形光琳筆  燕子花図屏風

花の季節にこの絵がみられるのがいいですよね。



絵を見たあとは庭園散歩。

小さいけれど藤棚が。

fujidana3.jpg


fuji1.jpg


fuji2.jpg


丁度きれいに咲いていました。

そして燕子花(カキツバタ)



tsutsujika.jpg


kakitsubata1.jpg

もう一息でしょうか。
でもそこまで、混んでいなくて丁度良かったです。



kakitsubata2.jpg


kakitsubata3.jpg



akamidori.jpg

対照的な色合いできれい。


このあと、ホテルオークラから移動して建てた茶室で薄茶とお菓子を。

こちらもカキツバタというお菓子だそうです。
分かりにくいけど色が確かに!

macya.jpg

お茶もお菓子も美味しかったです。



帰りは、六本木まで徒歩で。
その途中、偶然発見。

yuuko1.jpg

baberu.jpg


近いうちにバベルの塔展も行こうと思っていますが、
ヒゴチユウコさんの原画も魅力的!
のぞいてみました。

きもかわいくて細かくて、よかったです。


カキツバタ、写真もうちょっと足してみました。

mizube.jpg


akatoao.jpg


upp.jpg